JavaScript を使用して文書を部分に分割する

Node 複数のドキュメントを分割し、結果をほぼすべてのオフィス形式にエクスポートする Cloud SDK

Node ライブラリを使用して、REST API 経由で Word、PDF、Web ドキュメントを分割します。 JavaScript を使用して、2 つ以上のドキュメントをパーツに簡単に分割します。

コードスニペットを表示

JavaScript でREST APIを使用してドキュメントを分割する

この JavaScript ライブラリは、Node 開発者にREST APIを使用してドキュメント分割関数を操作する機能を提供します。これにより、JavaScript で1つのドキュメントをオンラインでいくつかの小さなファイルに分割できます。たとえば、ドキュメントから数ページを電子メールで送信する必要がある場合や、ファイルの一部のみを顧客に表示したい場合があります。これはすべて、JavaScript コードのドキュメント分割機能を介して実行できます。

ドキュメントの分割には、「ページ別」、「ページ範囲別」、「見出し別」、「セクション区切り別」など、さまざまな方法を使用できます。元のドキュメントをロードして、必要な方法を選択するだけです。 JavaScript コードを使用してこれらの基準に従ってファイルを分割する場合は、ドキュメントで必要な見出しスタイルが使用されているか、セクション区切りが含まれていることを確認してください。ドキュメントを分割した後、結果を個別のドキュメントページまたは小さなファイルとしてエクスポートできます。

Node CloudSDKを使用してドキュメントをパーツに分割する

すべてのドキュメント分割は、Cloud on Aspose Webサーバーで最高速度で実行され、すべてのセキュリティ標準に準拠しています。 JavaScript ライブラリは、ドキュメント処理アプリケーションを作成するように設計されており、REST APIを介したクライアント/サーバーの相互作用に基づいています。

Cloud SDK for Node でさまざまな基準を使用して、Word、PDF、HTML、EPUBドキュメントを分割します。ドキュメントを複数のファイルに分割する方法や、指定されたパラメーターに従ってページを抽出する方法について質問がある場合は、Splitter Onlineを試して、結果を便利なドキュメント形式にエクスポートしてください。

分割したいファイルをアップロードする
コードを実行する
リストからターゲットフォーマットを選択します
import * as fs from "fs";

const wordsApi = new WordsApi("####-####-####-####-####", "##################");

const doc = fs.createReadStream("Input.docx");
const request = new model.SplitDocumentOnlineRequest({
    document: doc,
    format: "docx",
    zipOutput: true
});

const zippedPages = wordsApi.splitDocumentOnline(request)
.then((splitDocumentResult) => {
    console.log("Result of SplitDocumentOnline: ", splitDocumentResult);
});
コードを実行する
  
JavaScriptをクリップボードにコピーします

JavaScript を使用して PDF、Word、Web ドキュメント、およびその他の多くのファイル形式を分割する方法

  1. Node Cloud SDK をインストールし、Node プロジェクトに参照を追加 (ライブラリをインポート) します。
  2. アプリ キーを使用して API を構成する
  3. REST API を使用して JavaScript のソース ファイルを開きます。
  4. 'splitDocumentOnline()' メソッドを呼び出して、出力ファイル名に必要な拡張子を付けて渡します。
  5. 分割結果を別ファイルとして取得します。

ファイルを分割する Node ライブラリ

NPM パッケージマネージャーを使用して 'Aspose.Words Cloud SDK for Node.js' をインストールします。コマンドラインから npm install asposewordscloud --save を実行して、NPMパッケージマネージャーを介してSDKをインストールします。別の方法として、GitHubから Aspose.Words Cloud SDK for Node.js ソースコードを手動で複製し、プロジェクトで使用することもできます。これらの Instructions に従って、必要なセキュリティクレデンシャルをすばやく取得し、RESTAPIにアクセスしてください。

システム要求

  • @types/request (version 2.48.3+)
  • lodash (version 4.17.15+)
  • lodash.template (version 4.5.0+)
  • request (version 2.88.0+)
  • request-debug (version 0.2.0+)

詳細については、 Repository Documentation を参照してください。

分割用の最も一般的なファイル形式

5%

Aspose製品アップデートを購読する

メールボックスに直接配信される月刊ニュースレターとオファーを入手してください。

© Aspose Pty Ltd 2001-2024. 全著作権所有。